保険適用の包茎手術について

日本人男性の悩みの種として多いのが「包茎」。治すためには包茎手術が必要となりますが、メスを使うということで不安も多く、なかなか一歩を踏み出せないという方も多いと思います。包茎手術を受けたいと思ったらまず気になるのが費用のことだと思います。保険適用の場合は費用をおさえることができますが、包茎手術については保険が適用されるタイプとそうでないタイプがあります。

 

美容外科や専門クリニックなどは自由診療となるので保険適用外で、泌尿器科に限り保険が適用されます。また保険適用となる条件として「通常の生活に支障がある」ということです。一般的には真性包茎やカントン包茎などが保険適用。仮性包茎の場合は、通常日常生活に支障がないと判断されるため、保険は適用されず全額実費負担ということになります。

 

しかしせっかく包茎手術するのなら美しい仕上がりとなった方がありがたいので、評判のいい医師に治療してもらうのが一番いいと思います。自由診療で保険が効かない場合だと、相場が10万から20万程度と言われます。保険が効けば3万程度で済みますので、そこに個人の価値観の差が生まれます。術後の見た目を綺麗にしたいと考える男性であれば、10万でも安いと感じる人もいますし、術後の見た目はどうでもいいから、包茎を治療したいという男性であれば保険適用で安く済ませるほうが良いでしょう。