早漏の定義として一般的に言われているピストン回数

セックスにおいて女性が理想として求めている挿入時間が15分くらいと言われていますが、日本人男性の平均挿入時間は8分くらいと言われていますので、女性が求めている時間の半分位になっています。また多くの女性は射精しそうになっても、射精するのを我慢して、お互いオーガズムに達するまで続けてほしいと思っているようですが、男性の多くは女性の要求に答えられていないと言われています。

 

こうした女性の思いとは逆に、日本人男性には早漏が多いと言われており、一般的に言われている早漏の定義は、女性が聞いたらガッカリして飽きられてしまうかもしれません。

 

この一般的に言われている定義には、セックスにおいてペニスを膣に入れてから射精するまで、何回のピストン運動が行えるかという定義になっています。定義として多く挙げられているのが、ピストン運動の回数が30回以内と言われており、31回だったら早漏ではないのかと言われれば疑問に思ってしまいますが、30回くらいで覚えておけば良いと思われます。

 

早漏の治療についても各包茎クリニックでは扱っている事が多いです。亀頭の強化や包茎の解消によっても間接的な早漏改善が見込める事もあります。精神的、メンタル的な原因が大きいと言われる早漏でも、治療を行ったと言う意識が強く働きメンタル面にも良い栄養を与える事もあるようです。早漏の悩みについても包茎クリニックで相談してみると良いでしょう。名古屋にも沢山の包茎クリニックがありますが、お勧めはABCクリニックや東京ノーストクリニックです。